image02

レーザー脱毛の術後のケアとして忘れてはならない知識は

レーザー脱毛の術後のケアとして忘れてはならない知識は、冷却とうるおいを保つことです。レーザー脱毛は出力が大きいので、施術後の肌は赤みを伴うほど熱を発することもあるのです。その状態に残しておくと、炎症が起こってしまうことがあるので注意深く熱を冷まし、うるおいを保つことが大切なのです。一番新しい脱毛機には、機械そのものに冷たくする機能がくっついているものもあるということですが、必ずしっかりとした肌の手入れが一番です。脱毛を受けた後は、店の人からの大事な点を確実に聞き、アフターケアを怠らないようにすることです。

脱毛を行うのに妥当な頃はあると思いますか?脱毛はその場でおしまいということにはならないのです。思ったより少ない期間でできるレーザーによる脱毛も、ムダ毛の生える周期に合わせて数回の脱毛が不可欠なのです。そういったことを見てみると、最も皮膚を露出する時期である夏に間に合わせて、少なくとも春先までには施術をスタートさせたほうが良いということです。他方、レーザーを行う場合、日焼けはダメですから、服で皮膚を覆うことが大半の肌寒い季節に脱毛をするということが多いのです。

脱毛した後のアフターケアはもっとも重要であり欠かせないものでしょう。アフターケアをするしないで肌の様子に大きな違いが出ます。脱毛エステサロンでのアフターケアとはどんなものでしょうか。それはたいてい肌を冷やすことですね。脱毛エステサロンでの脱毛は光やレーザーを照射し毛の根っこを焼くことなので脱毛処理後の肌は軽い火傷の形になるわけですね。それを静めるために肌を冷却するクールダウンの処理が必要になるのです。